事業紹介


ガラスの飛散防止・防犯

ガラスフィルムのメリットとして、まずはガラスの飛散防止が挙げられます。地震や台風などの自然災害、衝突などによるガラスの飛散防止、また落下などにおける二次災害の防止効果があります。ガラス飛散防止フィルムの防災効果は官公庁を中心に広く認知されており、今や防災対策に欠かすことのできないものとなっています。

また、建物への侵入の手口として多い「ガラス破り」の防犯対策としても有効です。「防犯性能の高い建物部品(CP部品)」の防犯フィルムは、侵入の抑止力となります。厚い防犯フィルムは特殊な施工が必要となるため、技能士資格者による施工が不可欠です。

ガラスの飛散防止・防犯

紫外線・UVカット

人体にも有害とされるUV(紫外線)をカットする効果があります。光線過敏症の方にもおすすめです。小中学校にUVカットフィルムを導入している市町村もあります。フィルムを張ることにより、カーテン、畳といった室内調度品の紫外線による退色を防ぐ効果もあります。

紫外線・UVカット

断熱・遮熱

窓ガラスにフィルムを張ることにより、建物の断熱・遮熱対策が可能です。日射調整フィルムには夏の日差しを遮り、室内の温度上昇を抑え、空調コストを削減する効果があります。冬場の暖房効率をアップさせる効果もあり、省エネルギーを実現します。大規模な工事を行ったりランニングコストをかけたりせず、快適な室内環境づくりができます。

断熱・遮熱